ワーホリ荷物事情②

オーストラリア
Processed with VSCO with c1 preset

今回は前回の記事に引き続きワーホリ荷物事情についてお話しします。

前回はバックパックやスーツケースについて書いたので今回はバックの中身について書いて行こうと思います。

前回の記事読んでない方はこちらから

 

1年2年と長期で海外に行くとなるとあれもこれも必要かなってなって荷物がだんだん増えていきます。でも飛行機に持っていける重量制限もあるしスーツケースに入りきる量にも限りがありますよね。

てことで3度の長期海外滞在で私がやっとわかったわざわざ日本から持ってこなくてもよかったなって思った物行ってみないとわからなかった意外と持ってると便利な物を紹介します。

 

ただこちらも前回同様、男女によってや行く場所によっても異なると思いますので一つの参考にしていただけたらと思います。

 

日本から持ってこなくてもよかったもの5選

 

  1. 生理用品
  2. ヒール
  3. 日本の調味料や食品
  4. シャンプーコンディショナー
  5. 大量の化粧品たち

 

生理用品

 

最初の頃は結構いっぱい持って行ってた記憶がありますが、

とりあえず生理用品はどこにでもありますよね。そこに人暮らしてますもん。

現地調達でいいと思います。とりあえず緊急用に何個か持っていれば大丈夫。

オーストラリア、カナダでは値段も質もそんなに日本のものと変わらないです。

どうしても日本のものがいいって人はアジア系のスーパーとか薬局で買えます。

(値段は2倍くらいしますが笑)

 

ハイヒール

 

これは靴のヒールですw

最初の頃は2足は必ず持って行ってましたが海外に住んでると本当めったにヒール履きません笑

人によりますwww

クラブもペタンコのスニーカーかサンダルで行きます。(これもだいぶ人による)

ましてや田舎でファーム生活する人なんかは履くことないですね。

荷物に余裕があれば持って行ったらいいと思います。

私の場合カナダワーホリでトロントに1年いましたが1年で2回しか履きませんでした。。

あくまで個人的な意見です笑

靴だけではなく服もなんですが、私の場合郷に入っては郷に従うタイプなので、ファッションもいる所によって変わって、結局日本でめっちゃ着てて海外まで持って着た服を全然着ないこともあります。それにもちろん新しいものも欲しくなるので荷物増えるし、持ってくか迷った服は持ってかないことにしてます。笑

 

日本の調味料や食品

 

大きな都市に行く人はもちろんオーストラリアなら田舎の小さな町でも99%は

アジア系スーパーがあるので全く心配いりません。

とゆうかもはや普通のローカルのスーパー(オーストラリアならコールスやウールアース)にもキッコーマンの醤油やキューピーマヨネーズ、日本のカレー粉、ポン酢、めんつゆ、などなど売ってるのでご安心ください。

スーツケースに隙間があったら1つどん兵衛詰め込むくらいで大丈夫です。

 

シャンプーコンディショナー

 

これはシャンプーやコンディショナーだけでなくボディクリームやヘアケアクリームなど

全てこちらのスーパーや薬局で買えます。

VaselineやNIVEAなどセールになってて海外のが安いこともあります!

(今後海外ならではのオススメ品の記事も書こうと思います^^)

 

普通に考えればわかることなのに初めての海外の時とかこうゆう類のもの持ってってまして

初海外3週間のアメリカの時の方が1年のワーホリより荷物多かったですねw

 

大量の化粧品たち

 

私の場合いつも心配になって結構な量のファンデーション(海外に売ってないもの)とか持ってきがちなんですが案外使わないで持って帰ることが多いです。笑

あとは、これもその人の生活によってだと思いますがオーストラリアワーホリでファームに行くってなると、全くと言っていいほど化粧しません。

執筆者
執筆者

実際ここ数ヶ月ちゃんと化粧してない。。(マツエクも取れててヤバイw)

海外長期滞在 意外と持ってると便利なもの5選

 

  1. なんかすごいタオル
  2. 旅行用ポーチ
  3. ランドリーバック
  4. 延長コード(日本の)

なんかすごいタオル

名前がわからなくてなんかすごいタオルになっちゃったんですが、

バックパッカーズやホステルに泊まっていると本当にみんながみんなこのタオルを持っててめっちゃいいなあってなりました。

それがこれ

速乾タオル 2枚セット 【120×60cm、40×30cm】 Toplus 抗菌 防臭 マイクロファイバー 軽量 スポーツ 旅行 プール ビーチ 梅雨対策 バスタオル

乾くのめっちゃ早いしかさばらないし最高。

これは長期じゃなくて普通の旅行にもいいですね!

あ、マイクロファイバーってゆうらしいです。笑


カラリ ヘアドライタオル マイクロファイバータオル carari 大きめ マイクロファイバー お勧め 薄手 柔らかい 吸水 タオル 旅行用 速乾タオル 速乾 乾燥 即 髪 ヘア タオル 薄型 1018-cmthd CAR00-0002

 

これもバックパッカーでみんな持ってました。

バックパッカーのシャワーとかたまに棚とかなくて、

『え、どこに荷物置けばいいの?』ってなることが多々ありますw

そんな時にとっても便利です!

あとドミトリーで荷物がごちゃごちゃでスペースない時もバンクベッドにもひっかけられて便利!

 

 

ランドリーバック

 

このタイプのランドリーバックは毎回持って行きます。

意外とめっちゃ使えるんです!

丸めると手のひらサイズになるので荷物にもならないです!

 

あとこの使い方は参考になるかわからないけど一応紹介します。

現地についてから何回か引っ越しすることになると思うんですが、

そんな時に荷物増えすぎてスーツケースに収まりきらない!!汗

ってことになり、このランドリーバックが活躍します。笑

私は服だけじゃなくて何でもかんでも詰め込んでそのままUberで運びましたw

多分5回くらいその手法使ってますw

なので意外な所で活躍するこれはほんとオススメです。

⬆︎こうゆうやつ(ちゃんとボタン付きの)

最後のこれはマスト!!

これがあればコンセントにつけるアダプター?あの形変えるやつも1つで済みます。

(*オーストラリアは日本とコンセントの形が違います)

(*カナダは使えるものと微妙に使えないものがあります笑)

あと、ホステル、バックパッカーのドミトリーだと枕元にコンセントがないことがよくあります笑

これは一大事ですよ!みんなでコンセントあるベッド取り合いだしw

二段ベッドの上だったら届かないこともありますw

だから延長コードは絶対持ち歩きます。

なんなら3日間とかの旅行でも持ってくくらいマストです。

 

まとめ

ここまで読んでいただきありがようございます。

いかがだったでしょうか?

私も実際に行って暮らしてみないと気がつかなかったものばかりです。

これから荷物を準備する参考になれば嬉しいです。

 

タイトルとURLをコピーしました