オーストラリアのワーホリビザ申請1秒で降りた話

オーストラリア

知っている方も多いと思いますが、オーストラリアのワーキングホリデーに行くにはビザを事前に取得する必要があります。

この記事では私がビザを取得した時のお話をします。

これからビザ申請する方の情報の足しになれば嬉しいです。

 

『ビザについてまだよくわからないよ』とゆう方はこちらの在日オーストラリア大使館のページが正確でわかりやすいと思います。

 

ビザ申請自分でする?それともエージェントに頼む?

 

 

 

私の個人的な意見だとこちらの答えは”自分で申請する”です。

 

正直誰でもできます!!!英語読めなくても!

 

私の場合、学生ビザでのオーストラリア留学、カナダワーホリの時は無料エージェントを利用しましたが

 

今回のワーホリビザ申請は自分で行いました。

 

語学学校に行く予定のある方はエージェントを利用してもいいと思いますが、ビザ申請のためだけでのメリットはないかなと思います。

 

結局申請に必要な情報をエージェントにメールやフォームで伝えなければないので。。

 

とてもありがたいことに色々なサイトで申請方法を日本語で詳しく説明してくれているのでそちらを参考にしましょう。

 

私が実際に参考にしたサイトはこちらです。

 

(このブログでもまた詳しく手順を載せようと思いますが。。。笑)

 

こちらの参考ワーホリ準備マニュアルさんの記事では日本語訳から細かい注意事項まで書いてくれてあるので英語ができなくてもスムーズに申請できました。

 

 

 

ワーホリビザ申請にかかる時間は?

 

 

私がビザ申請にかかった時間は15分!!

 

ほんと一瞬ですね。一瞬すぎてびっくりしました。

 

実際の申請手順は

 

オーストラリア移民局ページに行きImmiAccount(申請時に必要なアカウント)を作成

②ログインしてから申請開始(個人情報入力)

③簡単な質問に答えるyes/no選択

④クレジットカードで支払い

⑤申請完了メール

という感じで15分くらいですね。

 

とっても簡単です。

 

こちらがオーストラリア移民局のページです。

 

 

 

ワーホリビザ申請に必要なもの

 

 

  • パスポート
  • 申請料450ドル(2019年4月現在)
  • クレジットカード(本人名義でなくても可)
  • パソコン

 

注意パスポートの有効期限は1年以上あるか確認しておきましょう!

 

私が申請した時(2018年5月)の申請料は440ドルでしたがその数ヶ月後から450ドルに値上がりしたようです。

 

年々値上がりしているので行くことが決まっている方は面倒くさがらず早めに申請した方がいいかもですね!

 

ただビザが降りてから1年以内に入国することが決まりですのでその点も気を付けましょう!

 

 

 

申請してからビザが降りるまでの期間は?

 

私が待ったのはなんと1秒!!移民局の人仕事早すぎ(笑)

 

ウェブサイトにて申請が完了すると申請完了メールが登録したアドレスに届くんですが、

 

それと同時にもう一通メールが届いて完了メール2通届くのかなと思い確認すると

 

Grantedって書いてあり添付してあるPDFを開いたらビザでした(笑)

 

これがその時のメールとビザのPDFです。

 

“アプリケーションを受け付けましたよ”のメール↑

 

“アプリケーションを受け付けましたよ”のPDF↑

 

“ビザが降りましたよ”のメール↑

 

こちらが正式なビザのPDF↑

 

ほんと同時に来てますw

 

注意画像の通り申請を受け付けましたとゆうPDFと実際のビザ取得できましたよのPDFがとっても似ているので気を付けて見てみてください!(Application state の “Recieved”と”Granted”わかりますね)

 

なかなか降りないなと思っていたらもお既に届いていたなんてことにもなりかねないですよね(笑)

 

私の場合は同時でしたが周りの友達は数週間かかっている人もいるので個人差はあると思います。

 

余裕を持って申請しましょう。

 

夜中や土日に申請すると早く受理されやすいという噂も聞きます(笑)

 

私はカナダにいる時に夜(つまりオーストラリアの朝)に申請して1秒で降りたので関係なさそうですが、急いでいる方は試してみてもいいかもですね!

 

私も留学する前はビザとかよくわからないし、英語もできないし、めんどくさいしって思ってましたが、

 

実はとっても簡単です。

 

エージェントに頼むと1万2万することもあるそうです、、

(無料といっていても系列の海外保険に入らないといけなかったりエージェントが紹介している語学学校に通わないといけなかたりします)

 

また注意送られて来たビザのPDFはスマートフォンやパソコンで保存するのをお忘れなく!

 

私はgoogle Drive に保存しました。念のため出発前にプリントアウトして持って行きましたが使ったことはないです。

 

到着時空港でも確認されることはなかったです。

 

今回はビザのお話でした。

 

次の記事では海外に長期滞在する時に持っていっていらなかったものを紹介したいと思います。笑

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

Sae

 

タイトルとURLをコピーしました